夏野菜

こんにちわ♪
いつもblogご覧頂きありがとうございます。
夏の暑さに、すでに参ってる小舘が担当します
夏の暑さに負けない身体作りのために、今が旬の夏野菜を上手く取り入れて頑張って夏乗りきりましょう。

●枝豆
枝豆は「畑の肉」と言われる大豆の未熟豆を指し、大豆同様に良質なたんぱく質やカルシウムを豊富に含みます。
さらに、大豆にはないビタミンCやβカロチン、葉酸なども多く含み、貧血予防や体の成長促進に効果的です。
枝豆に含まれる必須アミノ酸メチオニンは、アルコールの分解を促進し、肝臓への負担を軽減してくれます。
そのため、ビールのおつまみとしてはまさに相性抜群なのです。
また、食物繊維、女性ホルモンに働きがあるイソフラボン、さらにはダイエット効果も期待できるポリフェノールのサポニンも含まれます。
女性にも嬉しい食材です。

●ぶらさがり系の野菜
夏野菜といえば、きゅうり・トマト・ナス・ピーマンなどのぶらさがり系の野菜が挙げられます。
これらはβカロチンやカリウムなどを豊富に含み、体温を下げたり、余分な水分を体外に排出したりする働きがあります。
熱中症予防やむくみ改善に効果的です。
きゅうりは約95%が水分で、夏場の水分補給にも役立ちます。

●ネバネバ系の野菜
ネバネバ系の野菜として、オクラ・モロヘイヤ・つるむらさきなどがあります。
食欲がない夏場に、食事が喉を通りやすくしてくれるため、食欲増進に効果的です。

●にんにく・みょうが・生姜
また、疲労回復・滋養強壮にも効果的なにんにく、食欲増進・血行促進効果のあるみょうが、冷房による冷え過ぎ防止・殺菌効果のある生姜なども夏野菜として挙げられます。

多くの野菜が通年出回っていますが、その時期に旬を迎える野菜は特に栄養価が高いことが分かっています。
夏場のきゅうりは他の時期と比べると、ビタミンCが2倍含まれています。
逆に、冬野菜のホウレンソウは冬場の方がビタミンCが多くなります。

夏の野菜は、暑い夏を乗り切るために必要な栄養素と働きを多く含んでいるのでいます。
火照った体をクールダウンさせるために、キュウリやトマト、スイカなど、生でそのまま食べれるものが効果的です。

今日も1日暑さに負けず頑張りましょう

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

本日の営業時間のご連絡です

こんにちは。
ブログを観覧頂きありがとうございます。

営業時間の変更のお知らせです。
本日7月20日(木)は
19時までの営業とさせていただいております。

よろしくお願い致します。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

意外と知らない!夏のスキンケア対策

こんにちは♪
いつもブログをご覧頂きありがとうございます♬
毎日暑い日が続いてますね‼︎今回は夏のスキンケアで気をつけたい事を書きますね!

♥洗顔のし過ぎは乾燥の原因になる
お肌がベタベタしてしまう夏は、ついつい一日に何度も顔を洗ってさっぱりさせたいと考えてしまいがち。
しかし、洗顔を必要以上にしてしまうとお肌に必要な油分まで奪われてしまい、乾燥を引き起こしてしまうのです。
洗顔は出来るだけ朝と夜の1日2回までにして、それ以外はベタつきをティッシュオフするなどがオススメです。
どうしても洗いたい時は洗顔料を使わずに、水だけで優しく洗うようにすると良いでしょう。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

本日の営業時間のご連絡です

こんにちは。
ブログを観覧頂きありがとうございます。

営業時間の変更のお知らせです。
本日7月14日(金)は
18時までの営業とさせていただいております。

よろしくお願い致します。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

いよいよ梅雨明け☀︎

こんにちは!
最近はもう雨が降らずにお天気な日が多くなってきましたね!吉祥寺店、木曽です( ¨̮ )
いつもblogをご覧いただきありがとうございます( ´ ▽ ` )

もう7月半ばですが、7月は真夏を迎える季節。平均気温は8月についで2番目。紫外線量はピークに達します。気温は6月より上がり、紫外線も強くなります。そのため、紫外線対策や美白ケアはしっかり行わなければなりません!

そんな7月で最も大切なのは、日焼け止めやUVカットの衣類などで紫外線ダメージを少なくすること。それでも100%の紫外線防御はできないので、外出後の紫外線のアフターケアが大切です。

まず、食べ物でビタミンACEをしっかり摂ることと合わせて、化粧品でもビタミンACEを補いましょう。

もう1つ大切なことは、紫外線ダメージとエアコンによるお肌の乾燥で、知らないうちにインナードライ肌になってしまうリスクがあるため、間違ったスキンケアを行わないことです。
お肌表面はテカってしまうので、一見すると脂性肌?と考えて皮脂を取り過ぎてしまわないように注意しましょう。
実は、インナードライ肌の正体は、お肌の乾燥が進みバリア機能が低下してしまっている状態のこと。だから、大切なのは、保湿なんです。

インナードライ肌の場合は、化粧水だけでなく美容液や保湿クリームも使いましょう。

冬だけでなく夏も美肌の敵に乾燥はいます!しっかりお肌と見つめあってケアしてあげましょう(^^♪

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

寝る前の簡単ストレッチ

こんにちは♪
暑い日が続いてますね。

疲れがたまりやすこの時期にしっかりとっていきましょうね。

寝る前にできる簡単ストレッチをご案内させていただきますね。

リンパケアは股関節を固めないことが重要です。

1、あおむけに寝た状態で、お尻をぴったり壁につけ両足を壁にもたれるようにして上げます。

2、両足の体重を利用して自然と足が開く位置を保ちます。(硬い人は軽く膝をまげます。)

☆膝が内側に入らないように足の付け根を外側に回してお尻で足を支える事がポイントです。

3、脚の付け根を小刻みにゆすり続けます。1分ほど行いましょう。

どうですか???
簡単なケアですので、ぜひやってみて下さい。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ダイエット停滞期

こんにちわ♪
いつもblogご覧頂きありがとうございます。
小舘が担当致します。

7月に入り暑さが一段と増してきましたね(;´д`)

薄着になり危機感を感じてダイエットを始めてる人、これから始めようする人も多いと思います。

そして誰もがぶち当たるのが『停滞期』

ダイエット停滞期とは、ダイエットしているにも関わらず、体重が落ちなくなってしまう期間のことです。
この期間の間は、どれだけ激しい運動をしても、過酷な食事制限を行なっても、体重はほとんど落ちません。

なぜなら、ダイエット停滞期は体が生命を守るために発動させた、防衛機能です。

つまり、体が「普段よりも過酷な環境に置かれている」と勘違いしてしまうのです。

過酷な環境に置かれた人間の体は、いざという時のために、エネルギーを蓄えようとします。

人間の体にとっての備蓄エネルギーは脂肪です。

脂肪がなければ、人間は一日たりとも生き延びることはできません。

人間の体のありとあらゆる器官を動かしているのは、糖質や脂質、脂肪を燃やして作られるカロリーです。
脂肪のない体は、体内から糖質や脂質が失われた瞬間に活動を停止してしまうのです。

これが『ダイエット停滞期』です

停滞期が来たから、何もしても成果が出ないと落ち込む必要はありません。そして諦めてはいけません。
停滞期にダイエットを続ける事でまた落ちやすい時期に突入します。
体温が36.5以上ある方は2週間程で復活しますが、体温が低い人は1ヶ月~2ヶ月続く事もあります。

やはり『体温』って大切ですね♪

ダイエットを頑張る方は是非体温にも注目して、停滞期に負けない身体作りを心がけて頑張ってみてください♡

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

セロトニン

こんにちは。
梅雨に入り、ここ数日は熱帯夜で、身体も心も、そして、脳もスッキリしない日々が続いてませんか?
そんな時は、セロトニンを増やす!です。
セロトニンとは、精神を安定させてくれる神経伝達物質です。癒やしをもたらし幸福感をあたえてくれ、前向きな気持ちにさせてくれます。
セロトニンの分泌を増やす3つの方法です。
①朝起きて太陽の光を浴びる
朝起きて太陽の光を浴びると、その刺激が目から脳に伝わりセロトニンが合成され、脳全体が活動をスタートさせ、セロトニンによって快適な1日が始まります。
②リズム運動をする
ウォーキングやジョギング、階段の上り下りを「1、2、1、2」の掛け声に合わせてできるリズミカルな運動です。
また、咀嚼や歯磨き、深呼吸なども一定のリズムがありますので、リズム運動に含まれます。リズム運動はセロトニンの合成が高まる朝や午前中を中心に楽しく行うと効果的です。
③トリプトファンを補給する
セロトニンはアミノ酸のトリプトファンから合成されます。トリプトファンを多く含む食品は大豆製品や乳製品、肉、魚、ナッツ類などです。セロトニンの合成には、ビタミンB6も必要ですので、レバーや魚、ごま、ナッツ類、バナナなどを合わせて摂るといいてます。
是非とも試してみてください!

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

営業時間の変更のお知らせです

こんにちは。
ブログを観覧頂きありがとうございます。

営業時間の変更のお知らせです。
6月22日(木)
18時までの営業になります。

よろしくお願い致します。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

夏前に背中ケア♡

こんにちは♪
暑かったり寒かったり気温が定まらない日が続いておりますが体調など崩されてないでしょうか?
梅雨が過ぎたらすぐ夏ですね(^_-)-☆
薄着になり露出が多くなるこの季節、皆様背中のケアはどうされてますか?
手が届く場所ではないからどうすれば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか?
そこで自宅で出来る簡単ケアをご紹介します。

背中ニキビの場合は痒くなり搔いてしまった後がシミになる事もあります。
皮膚炎にならないためナイロンタオルをやめコットンやシルクのタオルを使いましょう。
背中は脂が多くニキビが出来やすいのにきちんと洗えずニキビ菌が増えてしまうとゆう悪循環です。
これからの季節、皮脂はもっと増えるのでシャワーだけでは落としきれません。
暑くても湯船につかりましょう!
背中の皮脂が溶けるので効果的です。

又日焼け止めですが塗りにくい場所なのでスプレータイプを使うなど工夫しましょう!
背中の毛の処理などは刺激を与えてしまうので毛量の薄い方はしない方がいいでしょう。

☆普段はあまり気にすることのない背中ですが意外と他人には見られているものです。
露出が多くなるこの時期にしっかりケアされてくださいね(^_-)-☆

イーネオランジェでは夏に向けての背中角質除去も行っておりますのでお気軽にお声掛けください♡

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ