こんにちは

本日は村上が担当致します

 

春になると「暖かくなって気分が高揚する

季節だから、よく眠れるはず」と思いがち

ですが、実は眠りづらい季節なのです。

 

 

9割の人が春に眠気を感じているそうです

 

 

「春の不眠対策」をお伝えします!

 

 

私たちの体が環境に適応し

良質な睡眠をとるためには、自律神経の

バランスが欠かせません。バランスがいい

ときの自律神経は、寒ければ血管を収縮させ

て体温を保ち、暑ければ汗をかいて体温を

下げてくれます。

 

ところが春は日によって寒暖差が大きいので

自律神経のバランスが失われがちです。

春特有の花粉も、安眠を妨害します。

鼻が詰まって口呼吸になるので口内が乾き

睡眠中に健康な呼吸ができません。

また、眠気をもたらす薬を飲むと睡眠と覚醒

のリズムが崩れてしまうこともあります

 

つまり睡眠が不足しているので

春の朝は起きづらく、春の昼は眠くなると

いうのです。

 

 

そこで「春の不眠対策」をお伝えします

 

 

(1)両足を軽く開いて椅子に座り足の裏を床に着けて目を閉じます。

(2)両手をグーににぎり、両足のつま先を天井に向けて、全身にグゥーッと力を入れます。この状態を5秒間キープしてください。

(3)次に息をフーッと吐きながら全身の力を抜き、脱力した状態を5秒間キープします。

 

この合計10秒間の動きを、就寝前に3~5回繰り返すのが不眠対策に推奨されている「筋弛緩運動」です。

 

 

ベッドに入った後「眠れないな」と思ったら

横になった姿勢のままで行っても出来ます。

全身の筋肉のこわばりが取れるだけでなく

心の緊張もほぐれて優しい眠りが訪れます。

 

わずか1分間ほどのこの運動が

身体全身、そして心の緊張やこわばりを

解きほぐし、リラックス状態へと導いてくれ

るのです!

 

みなさんもぜひ、試してみてください。

 

質の高い睡眠がとれるようになると

起きるときのつらさや昼間の眠さと無縁に

なれるので是非試してみてください!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です