冬便秘

こんにちは

本日は村上が担当致します

 

冬は冷えから便秘になりやすいといいますが皆様いかがでしょうか?

 

 

冬の気温の低さは、内臓にまで影響します。

身体が冷えて血行が悪くなることで

内臓の働きも落ちるのです。

腸の場合、腸内の温度が36℃を下回ると

ぜん動運動が衰えたり、腸内細菌のバランス

が悪化したりします。

 

そして冬は気温だけでなく湿度も低くなる為

気づかぬうちに脱水傾向になります。

またマスクを着用しているために喉の乾きに

気づきにくく水分補給が遅れがちになること

もあり、便秘を招きやすくなるのです。

 

ほかに下痢やお腹の張り、痛みなどの症状が

みられます

 

 

テレワークや自粛生活の影響で

例年よりも活動量や運動量が落ちている人が

多いのではないでしょうか。

また不安やストレスから自律神経が乱れると

腸の活動を低下させてしまいます。

 

 

『便秘ぐらい』と我慢してしまう人も多いの

ですが

腸は、『消化』『免疫・防御』『解毒』と

いう役割を果たしている大切な器官です。

これらの乱れを放置していると下痢や痔の悪

化、肌荒れなどの不調につながります。

 

 

『腸管免疫』と言われ腸は人体の免疫の要です

免疫の働きを担う細胞が大量にあり

腸内にはそれらのサポートとなる働きをする

様々な細菌が棲んで、腸内フローラを形成し

ているのです。

腸の働きが悪くなれば、免疫力が低下する

おそれもあります

 

 

腸を冷やさないための冷え対策

 

○温かい飲み物を飲むことです 身体の中から温まり、水分補給にもなります。

○手軽で効果的なのは腹巻です。へその下あたりを温めると、身体全体の血流がよくなる効果が期待できます。腸を温めることで基礎代謝も上がり、冷えが原因のさまざまな不調も改善していきます

○軽い運動などでなるべく身体を動かす

○入浴でゆっくり温まりリラックスする

○食事でも一品は汁物など温かい料理にする玉ねぎや大根、ごぼうなどの身体を温める根菜類を選び、肉や魚、大豆類のたんぱく質を摂る

 

冷えや便秘の自覚がある人だけでなく

何となく調子がよくないという人も

是非取り入れてみてください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です