寝付きが良くなる入浴法

こんにちは

本日は村上が担当します

 

先週末は寒かったですね

そんな冬は浴室と部屋の温度の差が大きく

油断をすると湯冷めをします。

風呂上がりは体温が高いので寒さを

感じませんが、湯船で温められた血管が

拡張しているため、急速に体温が奪われるの

だそうです。

 

そして体温が下がりすぎて

「寒い」と感じるのが湯冷めです。

 

こうなると風邪やインフルエンザを

引きやすくなります。

 

 

湯冷めを防ぎ、合わせて寝つきが良くなる

入浴法をご紹介します!

 

 

①入浴剤 粉末タイプの入浴剤の主要な成分

は、芒硝(ぼうしょう・硫酸ナトリウム)と

重曹(炭酸水素ナトリウム)です。

これらのミネラル成分は

皮膚の表面のタンパク質と結合して膜を

作り、体が放熱するのを防ぎます。

そのため、お風呂からあがっても

体がポカポカする状態にしてくれるのです。

 

その他には

②バスルームで体を拭く

③湯上り後、すぐ髪を乾かす

④汗などで衣類が湿ったら寝る前に着替える

⑤温かい飲み物を飲む

といった方法も湯冷めを防ぐのに効果的です

 

 

湯冷めを防ぐとともに

寝つきをよくするタイミングは

お風呂上がり1時間後がベストな就眠時間と

言われています!

 

お風呂に入ると体温が上がりますが

風呂から出て1時間くらいで体温が下がり

始め、明け方の5〜6時に一番体温が低くなり

ます。

 

よく、赤ちゃんの手足が温かくなると

『おネムになった』と言いますが

これは赤ちゃんの体が体温を下げるために

放熱している状態です。

 

 

人間は適度に体温が下がると眠くなります

 

 

風呂上がり1時間後を目安に就眠するといいでしょう

 

寝つきの悪い方は、入浴時間と就眠時間を

調整して、心地良く眠れる環境を整えること

が大切になります。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です