冬を乗り切るための「腎パワー」!

こんにちは

本日は村上が担当致します

 

 

東洋医学では、春は肝、夏は心臓、秋は肺…というように季節ごとに養生する内臓が定められていて、それが健康に過ごす秘訣だとされます。

 

冬に労る内臓は腎です。

 

腎臓は全身の水分代謝をコントロールし

副腎はホルモンバランスを整え、生育や意欲、

活力と関係しています。

つまり、腎は体内の水分を循環させて

余分な水分を膀胱に送って排泄する機能の

他に 身体を活力ある状態に保ってくれているのです。

 

 

しかし、冬になって寒くなると体内の水分も冷え、腎も弱っていきます。  

すると膀胱・ホルモン・生殖器・免疫などに

悪影響を及ぼし、冷え性になる、老化現象が目立

つ、感染症にかかりやすいなどの症状が出てしまうのです

 

 

冬を健康に過ごすうえで 自分の腎がどのような状態かを知っておくことが大切になります。

そこで、「腎健康度チェック」で、いくつ当てはまるか数えてみましょう。

 

 

 

①むくみやすい

②寒がり、冷え性である

③足腰がだるい

④呼吸が浅い

⑤寒がりなのに身体が火照ることがある

⑥耳鳴り、難聴など耳の不調を感じる

⑦疲れやすく回復も遅い

⑧抜け毛、白髪、細い毛が増える

⑨舌の両サイドにボコボコした痕がつく

⑩目の下にクマがある

半分以上当てはまる方は要注意です

 

 

腎を養生するには、まず身体を冷やさないこと。

また腎は過労やストレスにも弱いので

休息や睡眠をしっかりとり、気分転換をはかる

などの工夫も必要です。

 

食材としては、山芋、豚肉、エビ、うなぎ、

すっぽんなど、いわゆる滋養のあるものがオススメ

です !

 

 

感染症予防や冷え性対策のために

腎パワーを高めてみませんか。

本格的に冷え込む前に腎を養生する生活を

心がけましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です