寒さに強い身体をつくる

こんにちは  

本日は村上が担当致します

 

寒さに向かう12月は布団から出るのがつらい朝が日に日に増えます。

 

冬を迎える前のこの時期をどう過ごすかによって、寒さに強い体につくれるかどうかが決まります。

 

 

体の“冬支度”させませんか。

 

 

寒さに強い体をつくる→「寒冷順化」

 

 

具体的にすることは

1.筋肉トレーニング

筋肉はそれ自体が発熱しますから筋肉量を増やせば寒さに強い体になります

筋肉トレーニングは

スクワットや腹筋運動、腕立て伏せなど、数十回続ければ限界に達するハードな運動です!

中でもスクワットは

人体の一番大きな筋肉に負荷をかけて筋肉量を

増やすことで身体のポンプ作用により

全身の巡りがよくなり体温も上がりやすく

日常でも取り入れやすいのでオススメです!

 

2.寒くても嫌がらずに外出する

通勤などで毎日のように外出する人は別ですが、

寒くなると外出を控える人がいます。

でも体は外気に当たることで

徐々に寒さに慣れてきます。

寒さがつらい人は、マフラーなどで胸首、手袋で

手首、タイツやレッグウォーマーなどで

足首を冷やさないようにして

積極的に外に出てください

 

胸首・手首・足首の3つの“首”は

皮膚のすぐ下に動脈血が流れているため

ここを冷やすと体温が低下し寒さを感じるので

3つの首を温めて外出しましょう

 

寒さに向かうこの時期

冬に備えて体づくりをしてみてはどうでしょうか。

いつもはつらい冬が、体の「寒冷順化」によって

ぐんと楽になるかもしれません

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です