オススメ入浴法

こんにちは

本日は村上が担当致します

 

今朝は寒いですね 

そんな体を温め、疲労回復だけでなく

元気になり免疫力アップも期待できる

とっておきの入浴法をご紹介します!

 

 

増やすと元気になれるたんぱく質!

それが、ヒートショックプロテイン(HSP)

というたんぱく質です。

 

 

HSPは傷んだ細胞を修復する働きを持つたんぱく質です。

免疫細胞の働きを強化したり

疲労回復や予防への効果もあります。

簡単に言ってしまえば、HSPが増えることが

“身体を元気にする”ことにつながるのです!

 

HSPはヒートショック、つまり熱によるストレスを

身体へ加えることで、体内で作られる量が増加

します。あらかじめ増やしておけば

身体をストレスに強い状態にすることができるのです。

 

 

ポイントは身体の深部の体温です。

 

 

体温を38℃くらいまで上げ保温することによって

HSPが体内で作られます。

ただし平熱が低い人の場合はいきなり38℃まで

体温を上げるのは難しく 身体にも負担となります。

そこで、入浴前に舌の下で体温を測って

平熱プラス1.5℃アップを目指しましょう

 

 

HSPを増やす入浴法のポイント

 

 

①入浴前に舌下温を計り水分補給をする

②40℃の湯で20分入浴する

③入浴中は体温の上昇をチェックする

(自分の平熱+1.5℃が目安)

④入浴後は適温の部屋で過ごす+水分補給をする

⑤元気になりたい日の2日前に実施が効果的

(3〜4日に1回でOK)

 

入浴の目安は、 40℃の湯で20分。41℃で15分。

42℃で10分でも良いので好きな入浴剤など入れて

自分の入浴スタイルに合わせて選べます!

 

 

お風呂から上がった後体温は自然に下がっていき

増加したHSPは1週間ほど体内に残って

その力を発揮するといいます。

 

HSPのパワーがピークを迎えるのは

入浴から2日後です。

この入浴法でHSPを増やすのは

週に2回の割合でOKです!

 

普段は、平熱+約1℃体温が上がる程度の入浴に

してリラックスすることがおすすめです♪

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です