マスク頭痛

こんにちは

本日は村上が担当致します

 

 

まだまだ続く猛暑時でのマスク使用で

気づかぬうちに頭痛を招いている人が増えています。

 

 

マスク生活のなかで、息苦しさや蒸れや圧迫感など煩わしさで低酸素状態になり頭痛を招くのです!

 

 

1つ目の理由として

マスク内にはどうしても熱がこもりがちです。

人は、冷たい空気を吸って温かい空気を吐くこと

でも体温調節を行なっていますが

これがうまくできないと脳の血管が拡張して

頭痛が引き起こされるのです。

 

2つ目の理由は

マスクにより一度吐いた空気を再び吸い込んで

しまうのも大きな問題です。

酸欠にならないまでも酸素濃度が低く

二酸化炭素の割合が高い空気を吸うことになり

ます。 これもやはり脳の血管が拡張し

頭痛を引き起こす原因となります

 

そして3つ目の理由は

マスクをしていると顎を動かす機会が減ります。

特にぴったりした生地のマスクや

サイズの小さめのものは顎の動きが制限されます。

顎周りの筋肉がリラックスされにくくなって

凝りなどから頭痛につながります。

 

ほかにも長時間マスクをつけることで

ひもなどの圧迫から頭痛になる人もいます。

 

 

対策としては

マスクを外せるところでは外し、深呼吸したり

新鮮な空気を吸いましょう。

また、マスクを外したときに

口を大きく開けて、顎を前後左右に動かすなど

顎の運動を心がけます。

顎を中心とした筋肉をリラックスさせるのです。

 

是非心がけてみてください!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です