熱中症対策にオススメのツボ

こんにちは

本日は村上が担当致します。

 

梅雨空で肌寒くなったり

梅雨の晴れ間で熱中症に注意が必要な暑さになった

り 気圧の変動と気温と湿度の変化に

身体がついていくのが大変ですよね

 

 

暑さが続くと、頭がぼーっとして

どうも判断力が鈍くなりがち…

ということはありませんか?

 

 

それは、熱中症の初期症状かもしれません。

 

 

そんな場合は早めに対処して症状を悪化させない

ことが大切です!具体的には

水分補給をしたり冷房を適切に使用しましょう。

 

 

さらに自分で手軽にできる対処法として

「ツボ押し」もお勧めです。

 

 

①体の熱を冷ますツボ「陽谷」(ようこく)

→手の甲側で小指ラインと手首が交差するあたりの

くぼみ(ボコっと出てる骨の小指側の際)

 

熱中症とは体の中に熱がこもることによって起こる

諸症状のことです。

対処法としては「その熱を体の外に出してあげる」

となります。 

 

陽谷は体内の熱を外に放散するツボとされ

熱を取る効果が期待できます。

 

 

②心を安定させるツボ「通里」(つうり)

→手の平の小指側の手首の一番太いしわの側面のくぼみ

「内関」(ないかん) →手の平を広げた時に手首から指3本分の位置真ん中

 

ともに精神安定のツボなので

熱中症気味で頭がぼーっとしている時や

どうも判断力が鈍っている時などにお勧めです。

 

 

また通里には陽谷と同様

熱を放散する作用もあります。

 

 

ツボ押しをする際には

親指で10秒くらいを目安にじわ~と圧をかけ

左右両方で行います。

これを5セットくらいやると効果的です。

 

 

暑さで頭痛がしたり

頭がうまく働かなかったりといったときには

涼しいところで体を休めて

しっかり水分補給をした上で、これらのツボ押しで

体内の熱をしっかり取り除く方法も

とってみてください!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です