手荒れ対策

こんにちは

本日は村上が担当します

 

 

新型コロナウイルス対策に

気を抜けない日々が続いています。

 

手洗いや消毒などは、

感染症予防のため絶対に必要なことですが

その影響で手荒れに悩む方も多いのではないでしょ

うか。

 

 

 

気温や湿度の変化が大きい春は

ただでさえ肌のコンディションが崩れやすい時期で

す。

 

それに加えて頻繁な手洗いや消毒により手荒れが

進行してしまいます。

 

 

せっけんを使ってしっかり洗うのは必要なことです

が、どうしても手の油分(皮脂)が奪われがちです。

 

アルコール消毒液を使う場合も同様です。 

油分が落ちると、皮膚のバリア機能が低下し

刺激物質が皮膚の奥深くに入り込みやすくなり

手荒れが進行します

 

 

皮膚のバリア機能が低下することで

身体を覆う皮膚は外部の刺激から身体を守ったり

水分の蒸散を防ぐものです。

 

 

特に、ウイルスや細菌などの病原体の侵入を防ぐ

重要な役割を果たしています!

 

 

 

肌荒れとは、細かい亀裂や傷のある状態で

ウイルスや細菌に対して十分に防御できない

可能性が高くなるのです。

 

 

 

新型コロナウイルスだけでなく

様々なウイルスや細菌による感染症から

身体を守るためにも肌を健やかに保つことが大切です!

 

その為には出来る限り手の油分を損なわないように

する工夫が必要です。

 

 

対策

①手を洗った後やアルコール消毒をした後はハンドクリームなどで保湿しましょう!

②食器洗いなど水仕事をするときはゴム手袋を使ってください。

③洗濯物をたたむなど布や紙をさわるときも手の油分が奪われやすいので、綿手袋をして作業するのがおすすめです。

④夜は油分多めのハンドクリームをたっぷり塗って回復に努めます。

あかぎれになりかけている人はビタミンEの入ったクリームをつけ綿などの手袋をして眠ると手荒れが改善されます

 

今日から是非やってみてください!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です