運動不足解消!室内ストレッチ

 こんにちは

本日は村上が担当します。

 

 

今回は室内で簡単に出来る!

そして続けられるエクササイズをご紹介します!

 

 

通常のストレッチは筋肉を伸ばしながら静止した

イメージになりますが

今回ご紹介する『アクティブストレッチ』は

体を動かしながら行うストレッチになります。

 

 

①肩甲骨広げ

肩甲骨には代謝が上がるツボがあるのと

背中の大きい筋肉を動かすことで血液循環を

促進する効果ぎ期待出来ます。

 

【やり方】

(1)足を肩幅ぐらいに広げ

背筋を伸ばしながら肩甲骨を寄せ後ろに反る。

(2)そのまま肩甲骨を広げながら前屈と後屈を

ゆっくり繰り返す(5回ぐらいが目安)。

 

 

②つま先立ちスクワット

ふくらはぎは第二の心臓ともいわれ

つま先立ち(踵上げ)により血液循環を

促進してくれる効果が期待できます。

 

【やり方】

(1)足を肩幅ぐらいに広げ腰を深めに落とす。

この時背中を丸めず、背筋を伸ばしたまま

腰をおろしていく。

(2)元に戻したら、次につま先立ちをして

ゆっくり下ろす。

(3)1と2の動作を繰り返す。

回数をこなすというよりも少し下肢に負荷がかかる

イメージが理想(10回くらい繰り返す)。

※バランスをとるのが難しい人は

壁や手すりに片手をつけ安定した状態で行うといいです。

 

 

③腹式呼吸

副交感神経を優位にすることによる

リラックス効果や、筋肉を弛緩させる働き

腹圧が変化することによる便通促進などに

有効とされます。

 

【やり方】

(1)あおむけに寝て、両膝を立てる。

(2)口をすぼませ、お腹がペッタンコになるまで息を吐ききる。

(3)息を吐き切ったお腹に手を乗せ

「ドクドク」と脈を感じられるくらいが

息を吐き切った目安になる。

(4)息を吐き切ったら、すぼませた口から

少しずつ空気をからだに取り込んでいく。

体のすみずみまで新鮮で新しい空気を

いきわたらせるイメージで息を吸う。

 

 

エクササイズは何よりも続けることが大切です。

無理せず続けることに意味があります。

体がなまってしまう前にお時間があるときに

まずはやってみてください!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です