感染症対策

こんにちは

本日は村上が担当します

 

新型肺炎が流行していますが

インフルエンザにもまだまだ警戒が必要です。

 

さまざまな感染症対策がありますが

 

 

「手洗いが一番有効」だそうです!

 

 

なぜ手洗いが感染症対策になるのでしょう?

 

 

人は無意識のうちに顔を触っているからです

 

インフルエンザはウイルスが鼻や口

目の粘膜に付着することで感染します。

 

ウイルスが粘膜に付着すると数分から

20分で細胞内に入り込んで増殖します。

 

 

その感染ルートで一番多いのは

自分自身の手なのです!

 

 

人は3時間で鼻を平均16回

唇を平均24回触るという報告もあります。

 

つまり外出の際は病原体が手に付着する

機会が多く、その手で目・鼻・口を触ると

感染するリスクが高くなるのです。

 

 

石けんやハンドソープを使って手を洗うと

手洗い前の手にウイルスが100万個付着

していたとすると

1分間の手洗いで数十個(約0.001%)に減らせます!

 

外出から帰ってきて1分間の手洗いをすれば

食事前やトイレの後は

流水で15秒の手洗いをすれば十分です。

 

是非手洗いを徹底して身を守りましょう!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です