鼻呼吸がのどを守る

こんにちは

本日は村上が担当致します。

 

今時期は空気が乾燥しているため

風邪ウイルスが増殖しやすいと言われています。

 

私たちは無意識に呼吸していますが

気付くと口を開けて口呼吸になっている方も

多いのではないでしょうか。

 

 

以下の項目のうち

どれか1つでも該当する人は

口呼吸を行っている可能性があります。

 

○朝起きると口の中が乾いてる、または唇や喉がヒリヒリする

○夜中に喉が渇いて水分が欲しくなることが多い

○口臭を感じることがある

○集中した時に口が開いてることが多い

○口内炎ができやすい

 

 

口呼吸をしていると口の中全体が乾燥して

口内の細菌が繁殖しやすくなり

歯周病や虫歯、口臭の原因にもなります。

 

鼻呼吸では異物を除去したりする

エアフィルターの機能がありますが

口で空気を吸うと ダイレクトに空気中の

雑菌や異物を体内に取り入れてしまうことに

なります。

 

よって喉や気道に傷付きやすくなって

しまいます。

 

 

食事をする時によく噛まずに食事をしたり

柔らかい食物を好み、

歯ごたえのあるものをあまり食べない方は

口周囲の筋肉がゆるむことにより

口呼吸になりやすいので注意が必要です。

 

顔の筋力アップの為に

よく噛んで食べるようにしたり

口を大きく開けたり、舌を上下左右に動かす

トレーニングがオススメです。

 

また睡眠時は鼻を出した状態で

口をマスクで覆い

自然と鼻で呼吸するように促すことで

喉の乾燥が改善されるので

風邪の予防に繋がります。

 

是非お試しください!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です