寝苦しい夏

こんにちは!

イーネオランジェ八王子店山本です。

本日は寝苦しい夏に知りたい寝る時のエアコン設定温度についてです。

エアコンの設定温度は26~28度が目安

人が快適に眠るためには「室温26度以下、湿度50~60%」の環境が理想的だと言われています。

夏の夜に寝苦しさを感じたときは、エアコンの冷房やドライを活用して寝室の環境を「室温26度以下、湿度50~60%」に整えましょう。

もし26度以下の室温が寒く感じる場合は、無理に26度以下まで室温を下げる必要はありません。

睡眠には個人差があり、必ずしも室温が26度以下でないとぐっすり眠れないという訳ではありませんので、エアコンの設定温度は26~28度を目安にご自身に合った温度を見つけてください。

また寝室を眠りやすい環境に整えるためには、室内の空気を循環させるためにエアコンに加えて扇風機を併用することも効果的です。

お休みの際にエアコンや扇風機を利用される場合は、風が直接体に当たらないように注意してください。

皆さん夏バテしないよう気をつけましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です