この冬こそは、温活しましょう!

こんにちは〜!

本日は横田が担当致します♪

 

 

みなさんは、自分の平熱って分かりますか!?

 

 

健康的な人の平熱は36.5~37.1度。

実は今、36度以下という「低体温」

の人が増えているんです!

 

 

「低体温」は免疫細胞と大きなかかわりがあり、

放置するとさまざまな病気や

ガンまでも発症してしまうことがあるんです!

 

 

ご自身の平熱が分かったら、

どれに当てはまるかチェックしてみましょう♪

 

 

【37℃〜36.5℃】

免疫力や代謝が最も活発に働く、ベスト体温

【36℃】

体はブルブルッと震えて熱を生産しようする

【35.5℃】

代謝機能低下、排せつ機能低下、

自律神経症失調症の発症、

アレルギー症の発症など体の機能が狂い始める

【35℃】

内臓機能は正常範囲で働くことができるけれど、

ガン細胞が最も活発に増殖し始める

【34℃】
生存ギリギリ

【33℃】
凍死寸前の体温

 

 

あなたはどれに当てはまりましたか?

 

 

いかに低体温は
身体に悪影響かわかりますよね。

 

 

では、体温を上げるにはどうしたら良いか?

体温を上げる方法で健康になりましょう。

 

 

☆冷たい食べ物や甘い食べ物をあまり食べないようにする

糖分には体を冷やす作用があり、

低体温の原因となるので、できるだけ食べないようにする。

温かい飲み物を飲んで低体温改善!

 

☆旬の野菜や果物を摂取して低体温改善!

 

☆運動で低体温改善!

運動不足になると、血液を送る筋力が低下し、

低体温の原因となるので、

積極的に運動して筋肉を鍛えましょう。

第2の心臓とも呼ばれるふくらはぎが動き、

そのポンプ作用で血流が良くなります。

また筋肉を使うことで体温が上がります。

 

☆お風呂にゆっくり浸かる

お湯に浸かると、身体が温まり、血液の循環がよくなり、疲れもとれ、

健康にもダイエットにも効果的。

また、ストレスがかかりやすい現代人の生活の

中ではリラックスする方法としても

お風呂の時間を大事にしてほしいです。

更に、お風呂にゆっくりつかることで

体が温まるだけではなく、

リラックスすることで自律神経(交感神経と副交感神経)

のバランスが整うことが期待されます。

 

 

 

真冬になる前からケアし、

今日から出来る温活始めましょう♪

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です