今年ももう終わりに近づいてます!

こんにちは!

イーネオランジェ八王子店山本です。

タイトル通り今年ももう終わりに近づいてます!

冬はイベントが沢山ある中正月太りが一番恐れている方も多いかと思います。

本日はその原因についてです。

単純に考えられがちですが
正月太りの原因はひとつではありません。
大きく分けても、3つの原因が重なりあって
より太りやすくなっているのです。
この正月太りの原因について
ひとつずつご紹介します。

〜お正月の食べ物〜

まず正月太りの1番大きな原因としては
やはりお正月の食べ物があるでしょう。
冒頭にも触れましたが、お餅やおせち料理など
美味しい料理を短期間に沢山食べる時期です。
特にお餅などはカロリーも非常に高く
食べるときにも、きな粉や砂糖醤油など
糖質が多いもので味付けして食べることが多いです。

よくよく考えてみれば
お正月に食べる料理は、炭水化物が多いのです。
お餅は言わずもがなですが、甘酒もお米でできていますし
おせち料理の中の栗きんとんなど
正月太りを引き起こすには十分な炭水化物が含まれています。
これらの料理をお正月という1週間前後の短期間で
たくさん食べることが、正月太りの一因といえます。

〜運動不足〜

料理の他に、運動不足も
大きなお正月太りの原因といえます。
お正月は1月の上旬のため
1年の中でもかなり寒い時期です。
出来る限り外に出たくない寒さのために
大抵の場合、家にこもりがちでしょう。
普段の生活と比較しても
半分以下の運動量になることも珍しくないはず。

運動量が落ちるということは
当然、消費カロリーも減ってしまいます。
お正月料理で摂取カロリーは増えるのに
消費カロリーは運動量が減って落ちてします。
これでは、正月太りをしてしまうのも
ある意味当然といえるでしょう。

〜気温〜

お正月料理、運動不足と比べて
あまり意識することがありませんが
気温の低下も正月太りの原因です。
寒さによって、体温が低下してしまうと
身体は代謝を低くしてしまいます。
その結果、基礎代謝が下がってしまい
運動不足での代謝低下と併せて
消費カロリーが大幅に低下してしまうのです。

温かい部屋にずっとこもっていられるなら
体温の低下も防止できるでしょう。
ですが実際には、お風呂に入るまでの脱衣所や
お手洗いに行くために廊下にでるなど
どうしても、暖房の効かないところへ出るはずです。
こういった事の繰り返しは
着実に体温を奪っていき、代謝を下げていくのです。

体は3ヶ月周期で変化が出やすいと言われています。

ですので今から基礎代謝を上げてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です