タイプ別冷え性

こんちには!
イーネオランジェ八王子店山本です!
今回は冷え性についてです。

タイプ別冷え症チェック:あなたはどのタイプ?
冷え症と言ってもその状態は様々です。大きく分けると4つのタイプに分けられます。

1.手足末端型冷え症(交感神経が優位になっているタイプ)
いわゆる寒がりで、低血圧や貧血があり、胃もたれしやすい、食が細いなどが特徴です。

2.内蔵型冷え症(副交感神経が優位になっているタイプ)
平熱が36℃以下で、風邪をひきやすい、便秘・下痢をしやすい、腰やお腹を触ると冷たいのが特徴です。

3.下半身型冷え症(代謝が悪い、冷えのぼせタイプ)
ふくらはぎが重い、午後になると足がむくむ、汗をかきやすい、めまいがする、冷たいものが欲しくなるなどが特徴です。

4.混合型冷え症(1~3が混ざったタイプ)
夏でも靴下をはかないとつらい、夜中に何度もトイレに起きる、不眠気味、血糖値が高いなどが特徴です。

若い頃は比較的軽度な末端型冷え症でも、年齢とともに体質が変わって、より自覚しにくく改善しにくい内蔵型冷え症等に変わることも多いのです。少しでも早く冷え症を改善しましょう。

それって逆効果!間違えた“冷え症対策
冷え症の対策として自己判断でやっていたことが、実はNGかもしれません。
一番多いのが「靴下の重ね履き」。確かに靴下は足を温めますが、寝ているときの靴下はNGです。血行を悪くしてしまうのでさらに「冷え」を増長させる恐れも。 また、汗をかいた靴下をそのままにしておくと、さらに冷えてしまう原因になります。

これから冬本番、寝るときに電気毛布をつけたままはNGです。寝る前に温めるだけにして、湯たんぽを使うようにしましょう。

冬の足元はブーツに決まり!という人も、締め付ける形のブーツは血行不良を招きます。少しゆったりした形のブーツにするか、オフィスなどでは履き替えましょう。

寒い冬には熱いコーヒーで身体を温める!というのもNGです。コーヒーは身体を冷やす飲み物だからです。また緑茶も身体を冷やす飲み物です。冷え症対策には紅茶、ほうじ茶、ココアをお勧めします。 また、冷え症に良いとされるハーブティーもおすすめですよ。

★冷え症に良いハーブ:サフラン、エルダーフラワー、レモンバーム、ローズマリー
寒いときは熱いお風呂で一気に温まる、というのもやりがちな間違え。ぬるい湯温でじっくりと温まるのが正しい入浴法です。

女性の大敵は冷えです!
しっかり改善していきましょう〜( ´ ▽ ` )

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です